2020年3月5日木曜日

疲労回復について

運動後の疲労回復には2種類に大別されます。
①積極的回復
②消極的回復
です。

②は消極的というと、マイナスイメージを持つかもしれませんが、
決して悪い意味ではありません。


今回、NSCAジャパンの情報誌にサッカー選手の疲労回復の方法についての
記事がありましたので、一人でできる方法をご紹介します。

①積極的回復
 a.競技後に軽いジョギング約10分~30分
 b.ストレッチを1動作30秒を12分間
  (主に大腿前面、後面、内もも、ふくらはぎ の下半身)

②消極的回復
 a.冷水浴(10~15℃に約5~10分間、腰から下をつかる)
 b.電気刺激(1Hz、27㎃ パルス幅140㎲を20分)
 c.コンプレッションタイツを競技中や競技後に履く

というようなものがありました。

②は道具を揃えないといけませんが、①は時間さえあれば可能です。
疲労が抜けない方、試合が続く方などは、参考にしてください。


また、情報誌には載ってないですが、マッサージが筋疲労に有効である。
とする論文もあります。
セルフケアが面倒だという方は、当院をご利用くださいませ。


-----------------------------------------
【からだの痛みの相談所】
まつもと鍼灸整骨院・天六本院
まつもと整骨院・心斎橋院
-----------------------------------------
【キックボクシングエクササイズ】
School & Sports Studio "STAND UP"
-----------------------------------------

0 件のコメント:

コメントを投稿