2022年8月8日月曜日

走るのに重要なこと


『速く走る』、『楽に走る』ためには、どうすれば良いか?
これも、色々な理論、方法があるでしょうが、そのうちの1つが
『前重心』になることです。


上画像のように、前屈みで真っすぐ立つトレーニングをしてみてください。、お尻が後ろに突き出して、くの字になってしまうと、前重心にならないので腹筋を引き締めて下さい。
一人しかいない時は、壁などに両手をついて脚から体幹を上画像のように真っすぐになるトレーニングをしてください。

そうすると、右画像のようになり、自然と片脚が前に出るはずです。前へ進みやすい感覚を体感できると思います。
もちろん体幹トレーニングにも、なりますのでやってみてください。









-----------------------------------------
【からだの痛みの相談所】
まつもと鍼灸整骨院・天六本院 
まつもと整骨院・心斎橋院
-----------------------------------------

2022年7月22日金曜日

運動パフォーマンス向上に重要なこと


結論から言いますと、地面をしっかり踏めるかどうかが
スポーツパフォーマンスにとって重要なことなんです。

ほとんどの運動が地面からの反発力をパワーにしています。
走り、ジャンプ、物を投げる、持ち上げる。といった運動動作を
泥沼のような足元の悪い場所で踏ん張れない状況のなか、
本来の動きが出来るでしょうか?無理なはずです。

臀筋の筋力をUPさせることが地面の反撥力を上げるために重要なのです。
そのためには、下半身の大きい筋肉の臀筋群をしっかり使えるようになりましょう

効果的なエクササイズはスクワットです。

注意点は股関節を優位にスクワットをすることです。膝優位のスクワットだと効果的に臀筋群を鍛えられないので、お間違えのないようにトレーニングしてください
-----------------------------------------
【からだの痛みの相談所】
まつもと鍼灸整骨院・天六本院 
まつもと整骨院・心斎橋院
-----------------------------------------

2022年7月8日金曜日

ふくらはぎが痛む方へ


ランナーさんや、その他の運動で、『ふくらはぎが張る!』、『ふくらはぎが痛くなる』という人は、走る時の脚の使い方をチェックしてください。










                           


本来の理想的な走り方は、股関節をしっかり使い、ふくらはぎにあまり負荷をかけず、脚全体を使って走るのが理想です。

図の赤マルが股関節で、緑の軸で回転運動を行なう走り方です。

しかし初心者ランナーは、股関節がうまく使えず膝から下のふくらはぎを中心に使って走りがちです。

ふくらはぎは、図の青マルの足首を動かす(足関節を底屈させる)筋肉です。

股関節(殿筋、もも裏の筋肉)が、ちゃんと使えていないと、足裏で地面を掻いて前へ進もうとします。

乗り物に例えると、股関節を使った走りがロードバイクで、ふくらはぎを使った走りは三輪車でしょうか?

100㎞をロードバイクで走るのは私でも可能ですが、三輪車ではたぶん無理だと思います。仮に走れたとしても時間と労力が、かなりかかってしまうでしょう。

その結果、ふくらはぎに疲労がたまり、痛みにつながります。

人間は身体の中心に近い方が力が強いです。ボールを手首のスナップだけで投げて下さい。次に肘関節の曲げ伸ばし、次に肩関節を使って・・ だんだん飛距離が伸びるはずです。

下半身も同じです。股関節の方が足首の関節よりも遥かに強力なのです。ですので、タイムを縮めたい。ふくらはぎが痛い方は、股関節筋を使えるようになりましょう!

痛んだ患部の治療以外にも股関節の柔軟性をだすこと、体幹の安定性が必要です。リハビリ及びトレーニングは、当院で指導している、二―アップ、ランジ、スクワット、その他です。

詳しくは、スタッフにお尋ねください。

-----------------------------------------
【からだの痛みの相談所】
まつもと鍼灸整骨院・天六本院 
まつもと整骨院・心斎橋院
-----------------------------------------

2022年6月13日月曜日

筋肉をつけ過ぎると遅くなる?


筋肉をつけ過ぎると重たくなって動きが遅くなるから筋トレは嫌だという人がいると思います。
元メジャーリーガーのイチローさんがインタビューで語っていた筋トレ否定論は有名ですが、重要なことは筋肉の連動性や協調性、身体全体のバランスが大切だということです。

ボールを速く投げたい、またはより遠くに投げたいからといって、腕の筋肉だけ鍛えても結果は出ません。
短距離走のトップアスリートは下半身だけでなく上半身もムキムキですよね。
サッカーの長友選手は正しい体幹トレーニングを行う以前と後では、腰痛の有無や接触プレーでの当たりの強さが変わったそうです。

これは、トップアスリートの高いレベルでの話です。なので、一般の人の中にはおそらく最低限の筋力もない人がいるでしょうから、筋トレはやらないよりやった方が良いです。かなりハードなトレーニングを続けていかないと、そう簡単に筋量は増えません。
一般の人で高いレベルの人は、その競技に合ったトレーニングを行うべきでしょう。例えば敏捷性を上げたいという人が、ボディビルダーのトレーニングをおこなっても、きっと素早く動けるようにはならないでしょう。

細かいことは、直接スタッフに聞いてください。
また松本院長が、インスタグラムにためになるトレーニングを投稿しています。参考にしてください。





-----------------------------------------
【からだの痛みの相談所】
まつもと鍼灸整骨院・天六本院 
まつもと整骨院・心斎橋院
-----------------------------------------

2022年6月10日金曜日

ランナー膝(ヒザの外側の痛み)

走ったり、階段の昇り降りで膝の外側が痛くなることがありませんか?
上記の症状で当院に来られる方は、長距離ランナーの人が多いです。(ランナー膝の由来につながります)

姿勢や動作をチェックすると、片足立ちでO脚になったり、軸足がぐらぐらする、
膝が内を向く、といった不良姿勢をとられる方がほとんどです。



左図の赤のラインがO脚のパターンです。
逆に膝が内に入りX脚になる方もいます。



こういう悪い体勢で長距離をはしると、太ももの外側についている腸脛靭帯という、たて長の帯状の組織と大腿骨の出っ張ったところがこすれて炎症が起きてしまい痛くなるのです。


このような原因のある方は、しばらく休んでランニングを再開しても、原因が解決されてないので、また痛くなります。




まつもと整骨院では、姿勢や動作チェックも行いながら治療を行っています。
症状が何回もぶり返す方は当院にお越しください。





-----------------------------------------
【からだの痛みの相談所】
まつもと鍼灸整骨院・天六本院 
まつもと整骨院・心斎橋院
-----------------------------------------

2022年6月8日水曜日

腕に痺れ、出てませんか?

最近は、腕や手が痺れたり、力が入りにくい
といった症状を訴える方が多いようです

・パソコン作業をしている時、
・自転車に乗っていたら、
・ウェイトトレーニングをした後に、

症状がでる方は、首から指先まで伸びている神経が圧迫されている可能性が高いです。

圧迫されている場所は、様々です。
・首の骨と骨との間(ヘルニア、頚椎症
 など)
・デコルテ(斜角筋症候群、肋鎖症候群)
・鎖骨下、わき(小胸筋症候群)
・肘周り(肘部管症候群)
・手のひら(手根管症候群、ギヨン管症候群)

症状のある方、気になる方はご相談承ります。
-----------------------------------------
【からだの痛みの相談所】
まつもと鍼灸整骨院・天六本院
まつもと整骨院・心斎橋院
-----------------------------------------
【キックボクシングエクササイズ】
School & Sports Studio "STAND UP"
-----------------------------------------

2022年5月18日水曜日

ストレッチについて②


前回は運動する人に対してのストレッチの話でしたが、今回は普段運動していない方にストレッチはどうか?についてです。

ストレッチを行なうと血流量が増加します。また血管自体も柔らかくなるという報告があります。体が柔らかい人は血管も柔らかいという相関関係があるそうです。血糖値が低下するという研究結果も出ているみたいなので、ストレッチはどうやら血管に良い影響を与えるみたいですね。
以上の研究報告から、特に高齢者の方や血管系の初期の方は、ストレッチをされるとひょっとしたら症状が改善するかもしれません。
また、ストレッチをすることで自律神経の副交感神経が優位になりリラックスしやすい状態になるので、日々のデスクワークで身体がカチコチの人は、お風呂で筋温を高めた後にストレッチをすると良い睡眠がとれ、体もスッキリするのではないでしょうか?
-----------------------------------------
【からだの痛みの相談所】
まつもと鍼灸整骨院・天六本院 
まつもと整骨院・心斎橋院
-----------------------------------------